JobTryout(ジョブトライアウト)とは?評判や特徴、イベント内容をご紹介

この記事を読んでいるあなたは、

  • JobTryout(ジョブトライアウト)について知りたい
  • JobTryout(ジョブトライアウト)の特徴やイベント内容について知りたい
  • JobTryout(ジョブトライアウト)の口コミについて知りたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに「JobTryout(ジョブトライアウト)の口コミやイベント内容、特徴」までお伝えしていきます。

Sponsored

JobTryout(ジョブトライアウト)とは?どんな就活イベント?

パソコン 手帳 スマホ ペン

ジョブトライアウトは、株式会社リアライブが開催している就活イベントです。

ビジネスゲームを通して企業に直接アピールして特別選考を獲得できたり、採用担当者からフィードバックをもらえる6〜7社合同選考会イベントです。

NEWS23や日本経済新聞などの大手メディアにも、取り上げられている人気の就活イベントで、地域格差を是正するために全国各地で開催しています。

発言ではなく、行動で自社に合う学生を見極める」をキャッチフレーズの元、他の就活イベントにはないイベント設計を行い、これまで20,000人以上の就活生が参加しています。

運営会社情報

会社名株式会社リアライブ
設立2012年4月2日
資本金1,000万円
代表取締役柳田 将司
本社所在地〒106-0032
東京都港区六本木1-7-27
全特六本木ビルWEST棟7階
事業内容新卒採用コンサルティング事業
新卒マッチングイベント事業
新卒紹介事業
ターゲット学生説明会動員事業
採用管理システム事業
中途紹介事業
許認可有料職業紹介事業許可 許可番号 13-ユ-306652
プライバシーマーク認証登録番号 17002880(02)
URLhttps://realive.co.jp

JobTryout(ジョブトライアウト)のイベント内容

整理されたデスク パソコン 手帳

ビジネスゲームで企業に直接アピールできる

ジョブトライアウトでは、難解なビジネスゲームを行います

ビジネスゲームに取り組んでいる様子を、企業の採用担当者や経営者が確認して参加者1人ひとりに順位を付けていきます。

参加者の行動力、思考力、コミュニケーション能力などを評価して、順位が付けられランキング上位者には、第一次選考スキップ権最終選考権採用担当者と1対1で個別面談など特別優遇が与えられます。ランキング形式で評価されるので、他の参加者と自分の実力を比較して自己分析の役にも立ちます。

参加企業からフィードバックがもらえる

ビジネスゲーム後には、参加者の行動を評価して、参加企業の採用担当者からフィードバックがもらえます。ビジネスゲームは個人ではなくグループで行われ、チームの中で「どう考えどう動いたか」を常にチェックされています。集団の中で自分が企業から、どんな評価をされているのかを知れるので、今後の就活において非常に有益な情報になります。

「協働力」「交渉力」「論理的思考力」「行動力」の4つの評価項目があり、自分の能力を数字で理解できるので、具体的な対策を立てれます。通常の選考では、教えてくれない「企業からの自分の本当の評価」を選考が始まる前に知れる貴重な経験ができます。

優良企業の経営者・人事と少人数で話せる

参加企業の採用担当者、もしくは経営者と15分ずつ話せる交流会では、普段では会うことのできない立場の人との、意見交換の時間も設けられています。

フランクな空気感なので、気軽に質問することも可能で、様々な人材を見極めてきた人事のホンネを知ることができます

企業側は1人に対して学生は5人なので、15分はあっという間に終わってしまいます。交流会が始まる前に質問を考えておくと、より有意義な時間になります。企業への質問だけでなく、アドバイスをもらうことも可能です。

JobTryout(ジョブトライアウト)の特徴・強み

男性 デスクトップ 仕事

難易度別に5つのプログラムが用意されている

ジョブトライアウトでは、下記の通り難易度別に5つのプログラムに分かれており、自分のレベルや興味のあるジャンルによって、参加するプログラムを選ぶことができます。

・HOP:ビジネスミッション達成プログラム
・STEP:セールス戦略プログラム
・JUMP:経営戦略プログラム
・CHALLENGE:マーケティング分析プログラム
・ZERO:職種分析プログラム

順番に参加していなくても、内容を理解できる仕組みになっているので、興味のあるプログラムだけ参加しても問題ありません。順番に参加したほうがイベントの理解度は深まりますが、同じプログラムに何度も参加する就活生も多いようです。

複数の企業・業界研究ができる

ジョブトライアアウトには大手企業だけでなく、通常のエージェントサイトに求人を出していないような、ベンチャー企業も参加しています。様々な業界の企業が参加しているので、1度の参加で複数の企業、業界研究ができます。

企業と参加者の対話の時間を多く設けているので、どの業界に進むか決めていない人には、充実したイベントになります。

グループワークの練習になる

就活においてグループワークは、非常に重要です。大手や人気企業では、選考にグループワークを導入していることが多いので、グループワークを突破できなければ、面接すら受けれません。

ジョブトライアウトでは、レベルの高いグループワークを実施しているため、雰囲気やコツを知ることができます。

ビジネスゲームでランキング上位になれなくても「参加した経験」が、今後の選考を進んでいくヒントになります。

JobTryout(ジョブトライアウト)の評判

屋外 ミーティング カフェ

良い評判

ジョブトライアウト参加してきました!全然動けなかったけど、グループワークの実践練習ができただけでも大きな収穫。

レベルの高い就活生にいっぱい出会えてモチベーションアップ!今まで参加したイベントの中で一番有意義なイベントだった!また参加しよー。

プログラム内容に関しての評判が多くありました。本格的な就活が始まる前にグループワークを体験できる、貴重なイベントとして人気のようです。また志の高い就活生と交流できたり、自分との差を確認できることも参加するメリットのようです。

悪い評判

ジョブトライアウト参加したいけど当日まで参加企業が秘密なのが嫌だなー。興味ない企業のイベントで1日無駄になるのはちょっと、、、。

ビジネスゲームの難易度高すぎだろ。何もできず、ただキョロキョロして終わった。

参加企業は基本的に、当日まで公開していないので、不安に感じる人もいるようです。難解なビジネスゲームが多いので、思うように行動できず、悔しい思いをしている人の意見もありました。

JobTryout(ジョブトライアウト)のイベント当日の流れ

カフェ 2人 ミーティング

①参加企業紹介

参加者が全員集まったら、イベントの説明が始まります。

参加企業が順番にプレゼンをして、人気投票を行います。次のビジネスゲームで緊張しないために、周りの人に積極的に話しかけ、会場の雰囲気に慣れておきましょう。

②ビジネスゲーム

ビジネスゲームがジョブトライアウトの、メインイベントになります。5〜6人程度のグループに分かれて取り組みます。周りの参加者と協力しながら、行動を起こすのがランキング上位になる秘訣です。

③フィードバック

ビジネスゲーム中の動きについて、企業からフィードバックをもらえます。本来は知ることのできない、企業からの評価をもらえる、非常に貴重な体験ができます。

④交流会

参加企業の採用担当者と、少人数で話せる交流会です。フランクな雰囲気で行われるので、気になっていることは、なんでも質問できます。直接話を聞けることは滅多にないので、今後の就活に活かせるように、積極的に質問していきましょう。

JobTryout(ジョブトライアウト)の評判まとめ

手帳 記入 ペン パソコン

今回はJobTryout(ジョブトライアウト)の評判やサービス内容、特徴をお伝えしました。

本格的な就活が始まる前に、企業からの正しい自分の評価を知れたり、人気企業の特別待遇を獲得できるチャンスがあったりと、多くのメリットがある人気の就活イベントです。発言ではなく、行動で学生の能力を見極めれるので、企業からの人気も高いです。

企業から直接フィードバックがもらえるだけでなく、レベルの高い就活生と交流できるのも、ジョブトライアウトならではの特徴です。この記事を読んで気になった人は、ぜひ参加してみてください。

Sponsored