明確に区別できる?ビジネスカジュアルとオフィスカジュアルの違い

近年よく耳にするようになってきた企業で働く服装を指す「ビジネスカジュアル」「オフィスカジュアル」という言葉。

なんとなく意味はわかるけど厳密に意味を明確に区別できている人意外と少ないようです。

この記事では両者の言葉の違いについてまとめてみました。

Sponsored

企業で働くときの服装

ビジネス同僚

近年は企業で働く際、必ずしもセットアップのスーツで出勤する必要がない企業が増えてきました。

夏には空調費節約のためにクールビズが導入され、ベンチャー起業と呼ばれる企業では服装はパフォーマンスに影響しないということから私服出社が許されるというケースが多くなっています。

それに伴って「ビジネスカジュアルでの出勤が可能」「オフィスカジュアルで勤務可」という言葉をちらほら聞くようになってきました。

しかし、「ビジネスカジュアル」と「オフィスカジュアル」という両者の違いを明確に説明することができる人は意外と多くないようです。

それぞれの違いについて見ていきましょう。

ビジネスカジュアルとは

ビジネスマン

ビジネスカジュアルとは「企業訪問をする上で失礼のない最低限の服装」を指します。

アポを取って相手企業を訪問する際(つまり自分が立場的に下手に回ることが多いケース)に、スーツほど固くはないけれどそれに準ずるような服装の着回しをビジネスカジュアルと一般的に定義します。

スーツ>ビジネスカジュアル>オフィスカジュアルといった順のイメージを持つと分かりやすいと思います。

男性のビジネスカジュアルの基本的なコーディネートは襟の付いたシャツにジャケットを羽織り、暗めのチノパンに革靴を合わせるというコーディネートが主流です。

女性のビジネスカジュアルの基本的なコーディネートもトップスは襟シャツにジャケットで、ボトムスはパンツやスカートを合わせて底が高すぎないヒールを履くというコーディネートが主流です。

オフィスカジュアルとは

ビジネスマン女性

オフィスカジュアルとは「仕事をする上で最低限の礼儀を抑えた職場での服装」を指します。

企業への往訪や外回りがなく自社のオフィスで仕事をしている時の服装を指す場合が多いです。

エンジニアなどのバックサイドを扱うのであればTシャツなどでも許容されることもありますが、人事や事務の方は急な来客に対応することがあるため、ビジネスカジュアルを意識した方が良いかもしれません。

男性のオフィスカジュアルは、トップスはあまりにも派手でない限りは特に規制はないですが襟の付いたポロシャツが無難です。ボトムスは短パンやスウェットを避け、くるぶしまでしっかりと丈のあるパンツが望ましいでしょう。

女性のオフィスカジュアルは、トップスはノースリーブを避け華美なものでなければ良いでしょう。ボトムスはスカートや丈の長いパンツで、靴はパンプスなどでも大丈夫です。

ビジネスカジュアルとオフィスカジュアルの使い分け

ビジネスマン

さて、ビジネスカジュアルとオフィスカジュアルの違いについて説明してきましたが、実際の使い分けはどのようにすればいいのでしょうか。

意識すべき点は、会社の社風、所属部署、自分のポジションやキャラの3つです。

1つ目の会社の社風というのは会社全体の雰囲気を見渡し、社員の方が着ている服装を参考にコーディネートすることです。ビジネス・オフィスカジュアルOKと言っても会社によってその程度は異なります。

2つ目の所属部署にも同様のことが言え、例えばあなたが人事なのに来客にTシャツで出ていくというのは少し礼儀がなっていないように感じます。

出る杭は打たれるという言葉もあるくらいなので、入社してすぐの場合は冒険せずに社風と部署にあった服装を心がけたほうが良いでしょう。

3つ目のポジションやキャラは個人の趣向や、周囲にどういうイメージを持たれているかによって服装を決めたほうがギャップも少なく万人ウケする服装でキメることができるでしょう。

ビジネスカジュアルとオフィスカジュアルの違いまとめ

ビジネス女性たち

普段、深く考え込んだことがないような2つの服装コードでしたがいかがだったでしょうか?

頭の片隅に入れておいて意識してコーディネートできれば、目的や用途を抑えることができ社内でのポイントアップにつながるかもしれません。

ぜひ、今後は両者の違いを意識してみてください。

Sponsored