就活がつらい、終わらせたい。就活を最短で終わらせる方法4選

この記事を読んでいるあなたは、

  • 時間をかけて就活対策をしてきたのに内定が出なくてつらい
  • 就活が大変過ぎてこれ以上続けられない。すぐに終わらせる方法はある?
  • 就活に時間をかけずに最短で内定を獲得したい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに「つらい就活を納得して今すぐ終わらせる方法」をお伝えしていきます。

▼ちなみに、今すぐ内定をGETしたいあなたには以下のサービスがおすすめです。

順位、サービス名特徴公式ページ
JobSpring(ジョブスプリング)
  • 最短2週間で内定&離職率0.1%の業界最高峰の実績
  • 約1000社以上の中からAIがあなたに最適な企業を紹介
  • ESから面接対策まで手厚くサポート
JobSpring公式
JHR就職エージェント
  • 内定獲得率92%
  • 就職後の満足度96%
  • 上場企業や有名企業をはじめ、5,000以上の企業リスト
JHR就職エージェント公式
キャリアチケット
  • 「数」より「質」の内定
  • 内定獲得率大幅UPのサポート
キャリアチケット公式

なお、おすすめの就活エージェントまとめについては以下の記事にまとめているので参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめの就活エージェントを知りたい 今すぐ内定獲得に導いてくれる就活エージェントを知りたい 就活が不安!徹底サポートしてくれる就活エージェントはどれ?上記のように考えているかも[…]

ネクタイを締める男
Sponsored

就活をつらいと感じる原因

辛い

まずは、就活がつらいと感じることは普通であることを知ってください。

何社も内定を獲得したOB・OGも皆、就活がつらい、もう嫌だと思いながらも継続して結果を残したのです。

なぜつらいと感じるか原因を分析することで、その気持ちをなだめることができます。

【就活がつらい原因①】準備が多い

就活はES・面接、自己分析、企業分析、インターン参加、企業説明会・座談会参加、SPI・Webテスト対策など、幅広い対策が求められます。

とにかく準備が多いため、志望企業が多いほどスケジュールと肉体的・精神的負担が大きいです。

ゆえに、早期からの準備もしくは業種や企業の選別が重要になってきます。

【就活がつらい原因②】内定が出ない

内定は簡単には出ません。

リクルートキャリアによると、2018年の平均内定数は2.5社とのことですが、この数値は過去最高でコロナによって業績が悪化している昨今では、内定数は激減することが予想されます。

なお、平均エントリー数は約25社であるため、平均的な学生は13社は不合格になるということを表しています。

不合格通知であるお祈りメールを受診すると精神的なストレスを負ってしまいますが、それが一般的なのです。

【就活がつらい原因③】面接で人格を否定される

面接でフィードバックをしてくれる面接官がいますが、ここがダメで直した方がいいと人格否定をされることがあります。

さらに、人間力がみられる面接で不合格になった場合は、これまでの人生を否定されたように思うでしょう。しかし、面接官も人事部から通達された評価基準によってあなたを評価しているにすぎず、企業にとって都合のいい人物像から外れているだけです。

よく、内定を獲得できないから社会不適合者だというような風潮がありますが、そうではなく、あなたの人格を受け入れる企業に出会っていないだけですので、自分で人格を否定することのないよう注意しましょう。

【就活がつらい原因④】優秀な学生への劣等感

面接において、東大卒、リーダーシップがあって英語もペラペラだというような優秀な学生を見かけることがあります。

しかし、東大とは言えど、そういった完璧超人はごく稀でしかなく、逆に見かけられてラッキーだと思っていいほど極端な学生でしかありません。

また、初対面に対しては皆幻想を抱いて過大評価をしがちですので、劣等感を感じすぎる必要はありません。

就活を今すぐ終わらせるために進むべき道

進学先

それでもやっぱり就活がつらくて早く終わらせたいという方のために、就活を避けて進むべき道をご紹介しておきます。

大学院や海外大学への進学・留学

研究や勉強が楽しくて極めたい方は大学院に進学したり、海外大学に留学することがおすすめです。

さらに専門性を深めて、研究環境が整っている大学に進むことでさらに知識やスキルを身に付けることが可能です。

将来的にも、大学院から研究室推薦で本選考エントリーをスキップしたり、大学にそのまま教授や教職員として就職することもできます。

フリーランスや派遣社員への登録

正社員では無く、フリーランスや派遣社員になることで就活をスキップすることが可能です。

メリットとしては、正社員であれば副業や株投資を禁ずる就業規約など幅広い制約を受けますが、フリーランスや派遣社員にはそう言った規約は少ないため、自由に働くことが可能です。

デメリットしては、年功序列で給料が上がっていかないため、必ずしも働きぶりに見合った給与を将来的に受け取ることができないことが挙げられます。

フリーターとして非正規労働に従事

フリーターとして就活が苦にならないほど夢中になれる職業を見つけるという手もあります。

フリーランスや派遣社員より圧倒的に待遇において不安定ではありますが、働きの自由度は格段に高いです。アルバイト自体も変更しやすいため、社会勉強として幅広い業種で働く中で多様なスキルと知見を磨くことが可能です。

起業して社長就任

アイデアと資金力があるなら、起業して代表取締役に就任することをおすすめします。

企業を一から立ち上げることであなたの理想の働き方を形作ることが可能です。

日本の型にハマった就活スタイルを否定して、通年採用やインターン採用など先進的な取り組みを体現することで、就活に一石を投ずることもできます。

データで比較!大学卒業後の進路

データ

産学連携データによると2009年の大学卒業後の進路は下記のようになります。

  • 大学院への進学:12.2%
  • 就職者:68.4%
  • 留学:1.5%
  • フリーター:2%

ほとんどは社会に出て、企業に就職していることがわかります。

就活がどうしてもつらい!最短で内定を獲得する方法

内定方法

それでは、就活はしたくないけど、企業の内定が欲しい方のために最短で内定を獲得するための方法4選をご紹介します。

オファー型求人サイトに登録する

オファー型求人サイトを活用することで、就活対策の負担や不合格のストレスを軽減することができます。

簡単なプロフィールを記載することによって、人事から募集案件を紹介してくれるサービスです。人事側からのアプローチのため、本エントリーから応募していくよりも内定率が格段に高いです。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 逆求人サイトってよく聞くけど、実際どうなの? どんなメリットがある?おすすめも知りたい! たくさんあるけど、どう選んだらいいの?上記のように考えているかもしれません。この[…]

逆求人

内定直結イベントに参加する

内定直結イベントに参加することで、本エントリーをせずとも特別選考ルートから内定を獲得することができます。

こちらも簡単なプロフィールを記載することで、イベントに参加して実戦形式のディスカッションで評価を受けます。書類選考やOB・OG訪問などの負担をスキップすることができます。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 今すぐに内定を欲しいが、ブラック企業は避けたい 本当に信頼できる内定直結イベントに参加したい 内定直結イベントの評判と特徴を知りたい上記のように考えているかもしれません。[…]

内定直結

就職エージェントを利用する

就職エージェントは経験豊かなアドバイザーからデータに基づいた諫言を受けることで、自力では負担の大きい就活対策をスムーズに進めることが可能です。

さらに、就職エージェントしか持っていない特別募集案件なども抱えているため、本エントリーをスキップして内定を獲得することもできます。代表的な就職エージェントとしては、JobSpring、JHR、キャリアチケット、キャリセンが挙げられます。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめの就活エージェントを知りたい 今すぐ内定獲得に導いてくれる就活エージェントを知りたい 就活が不安!徹底サポートしてくれる就活エージェントはどれ?上記のように考えているかも[…]

ネクタイを締める男

長期インターンに参加する

長期インターンに参加することで、直接現場の社員や人事に自分のビジネススキルを訴求することで内定を獲得することができます。

実際に職場で業務経験をするため、自分と企業の適性を測ることができるため、入社後のミスマッチを防ぐことができます。

就活がつらいのはあなただけじゃない!決断と下準備で乗り切ろう

まとめ

就活はつらいものです。

Web記事や雑誌で特集されるビジネスマンは皆、この就活を乗り越えて輝かしい実績を残しているのです。

就活を避けることも選択としてありますが、決断と早期の準備で内定を獲得することをおすすめします。

Sponsored