内定ブルーとは?内定企業に行きたくなくなったら他の企業も見よう

この記事を読んでいるあなたは、

  • ようやく掴んだ内定。しかし、内定者や社員の中で働いていけるのか不安
  • 内定をもらえたが、過大評価されているのではないか
  • 入社前の勤務への不安をどう克服したらいいのか、方法はある?

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに「内定ブルーになる原因と克服するための方法」をお伝えしていきます。

▼ちなみに、今すぐ内定をGETしたいあなたには以下のサービスがおすすめです。

順位、サービス名特徴公式ページ
JobSpring(ジョブスプリング)
  • 最短2週間で内定&離職率0.1%の業界最高峰の実績
  • 約1000社以上の中からAIがあなたに最適な企業を紹介
  • ESから面接対策まで手厚くサポート
JobSpring公式
JHR就職エージェント
  • 内定獲得率92%
  • 就職後の満足度96%
  • 上場企業や有名企業をはじめ、5,000以上の企業リスト
JHR就職エージェント公式
キャリアチケット
  • 「数」より「質」の内定
  • 内定獲得率大幅UPのサポート
キャリアチケット公式
Sponsored

内定ブルーとは?

男性 タブレット 屋外

内定ブルーとは、熾烈な就活競争を勝ち抜いて掴んだ内定にも関わらず、入社を前に不安に苛まれて内定を辞退するか悩むことを指します。

入念に下準備をする繊細な学生に多く、実際に入社して働く姿をイメージできずに過度に悩んでしまうケースが多いです。

内定ブルーになる原因

男性 デスクトップ 仕事

内定ブルーは珍しい症状ではありません。内定を獲得した6月、そして内定式を迎える10月に多くみられます。

学生生活において、社会人になることを強く意識してしまうタイミングで過度に不安に苛まれてしまうケースが多いです。

ここでは、内定ブルーになってしまう原因を3つ解説して行きます。

周りの内定者が優秀に見える

内々定を獲得する6月、内々定者懇親会などで、同時に内々定を獲得した他大の学生と話を多くする機会があります。

横並びになった時、ガクチカや志望動機、学歴などを知ることで「なぜ自分が内定できたのか」自分がちっぽけに見えてきてしまい、内定ブルーに陥るケースです。

難関大学生に怯んでしまったり、留学経験の学生が過度に優秀に見えてしまったりして自信を失うことがよく見受けられます。

業務内容への理解不足で過度に不安を抱いている

企業研究はしっかり行い、業務内容は知識として熟知しているつもりだが、実際に職場で生活の一環として従事するにはイメージが湧かず、過度に職場での労働に対して不安を感じてしまうケースです。

OB・OG訪問を数多くしてきた学生には、皆社会人が優秀に見えてきてしまい、先輩のように自分も働くことができるのか、自信を失ってしまうことで発生することもあります。

これらの根底にある原因は業務内容を理解できておらず、過敏に反応していることにあります。

本当にやりたいことか分からなくなってきた

内定前は確かに業務内容が魅力的で、一生を捧げるに値する業務であると自信を持って言えたが、実際に内定を手にして立ち返って考えた時に、本当にそうであるのか、不安になって内定ブルーに陥るケースです。

長期的に企業に勤めたい就活生に多く、しっかり業界分析や企業分析をして業界を絞っている学生に多くみられます。

内定ブルーの対処方法とは

どれくらいやばい?

内定ブルーは端的に言えば、過度な不安意識に端を発しています。

ゆえに、客観的データを得たり、先輩社員に相談することで、症状を改善することができます。

社会人として何をしたいのか原点に立ち返る

「本当にやりたいことが分からなくなってきた」方はまず、就活の原点に立ち返ってみましょう。

何をやりたいと感じて、その企業を志望したのでしょうか。どう自己分析をして、やりたいことを見出したのでしょうか。過去、例えば幼稚園にその原点があるのではないでしょうか。

自己分析の始まりに立脚して考えることで、社会人としてやりたいことを明文化することができます。

実際に職場でインターンやバイトとして働いてみる

「本当に先輩たちみたいにバリバリ働けるのか」「自分ごときにこの業務をこなすことができるのだろうか」不安になっている方には、インターンやバイトとして実際に職場で働いてみることをお勧めします。

OB・OG訪問では一丁前に大人ぶっていた先輩方も上司に怒られたり、取引先に激昂されたりなど、見えない一面を垣間見ることができるかもしれません。

現場社員に相談してみる

それでも「自分にはできない」と感じてしまう方は、現場社員に協力してもらって相談してみることをお勧めします。

内定ブルーというのは珍しいものではないので、先輩社員も経験していると思われます。同じ症状であれば、どう立ち直ったのか、先輩の処方箋を直接参考にして内定ブルーを改善することができるかもしれません。

人事になぜ内定を出してくれたのか、理由を聞いてみる

内定を獲得できたということは、必ずあなたにはキラリとひかる何かがあります。

そのダイヤの原石は何であるのか、あなた自身にはつかみどころのないもので、実感することは難しいです。ゆえに、人事になぜ内定を出してくれたのか、内定の決め手を聞いてみましょう。必ず、あなたにしかない唯一性を教えてくれます。

内定ブルーが深刻なら他の企業も検討すべき

原因と対策

それでも、どうしても内定ブルーが解消できない場合、他の企業の就活やり直しも検討するべきです。

あなたにはしっかりと内定を獲得できる実力があるので、今年就職をする必要はありません。

どうしても、6月以降は大手優良企業の求人はかなり少なく、長期的に見た時に性急な就活はマイナスになる可能性が高いからです。

じっくりと時間をかけて、社会人として何をしたいのか、探した上で就職留年をして最良の企業探しをすることをお勧めします。

内定ブルーは入社後のミスマッチの元。就活やり直しも視野に

逆転の方法

内定ブルーが解消せずに無理やり入社すると、早期退職の原因になってしまいます。

ゆえに、内定ブルーはしっかりと対策を打つことで解消してから、入社をしましょう。

Sponsored