内定取り消しになる理由とは?絶望しないために知っておこう

この記事を読んでいるあなたは、

  • ようやく掴んだ内定。取り消されないために注意すべきポイントは?
  • 内定取り消しになってしまう理由を知りたい。
  • 不当に内定を取り消された時の対処法を知りたい。

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに「内定取り消しはなぜ起こる?理由は?内定取り消しにならないための注意点」をお伝えしていきます。

▼ちなみに、今すぐ内定をGETしたいあなたには以下のサービスがおすすめです。

順位、サービス名特徴公式ページ
JobSpring(ジョブスプリング)
  • 最短2週間で内定&離職率0.1%の業界最高峰の実績
  • 約1000社以上の中からAIがあなたに最適な企業を紹介
  • ESから面接対策まで手厚くサポート
JobSpring公式
JHR就職エージェント
  • 内定獲得率92%
  • 就職後の満足度96%
  • 上場企業や有名企業をはじめ、5,000以上の企業リスト
JHR就職エージェント公式
キャリアチケット
  • 「数」より「質」の内定
  • 内定獲得率大幅UPのサポート
キャリアチケット公式
Sponsored

そもそも「内定」とは?「内々定」の定義もご紹介

内定

内定とは、雇用契約に伴う義務発生までのことをさしますが、労働契約の成立と役職への就任が内々で決定することを意味しており、実質的に雇用契約が発生していると見なされ、内定取り消しには解雇通告と同様、企業側に厳しい法的制約が課されます。

対して、内々定とは雇用契約が実質的に伴う内定を内々に決定することを指します。

内々定の取り消しに対しては労働契約が成立していないため、法的には容易に取り消しができます。

しかし、一般的には学生との信頼関係を崩してしまうため、ブランド保持のためにも内々定が出た時点で実質的な内定であると受け取って間違いありません。

法的には認められない内定取り消しの理由

取り消し

内定取り消しには雇用契約と同様の論理で取り消しが認められる条件が存在します。

それは、人員整理の必要性が存在するケースです。

よく、内定取り消しの理由として取り上げられる下記の2つの理由は実は、法的には受け入れられません。

企業業績の悪化

内定通知後に企業業績が一時的に悪化したために、内定を取り消すということは法的には認められません。

なぜなら、法的遡及性は認められないからです。内定を通知した後に企業業績が一時的に悪化することは内定時点では予測できないことであり、就活生側には非がありません。

ゆえに、同意しない限り、業績悪化を理由に内定取り消しは認められないのです。

他の就活生を採用したい

2次募集でより魅力的な学生が応募してきたが、採用予定の人数を上回っており、追加で内定を出すことができない。

それゆえに、比較して劣っている学生を内定取り消しにして魅力的な学生に内定を出したというのは、上記と同じ理由で到底認められない案件です。

内定通知時点で、雇用契約を結んでおり、後の要因によって雇用契約を変更したい場合は同意がない限り変更はできません。

ましてや、学生にとっては受け入れられない理由ですので、他の就活生に内定を出したいから内定を取り消すということは認められません。

法的に認められる、内定取り消しの理由

法的

就活生は法に守られている、というわけではありません。

ここでは、法的に認められてしまう、内定取り消しの理由について4つご紹介していきます。

履歴書や経歴に詐称があった

内定通知前に選考の参考としていた履歴書や経歴に詐称があり、情報に不備があった場合、間違った判断(内定)を下すようにミスリードしたと認められるため、企業側は一方的に内定取り消しを学生に通知することができます。

SNSやブログなどで企業に被害を与えた

内定後にSNSやブログなどで内部情報を不当に漏洩し、取引先に迷惑をかけてしまった、もしくは企業のブランドを不当に欠損した場合、情報取り扱いについて責任を追及され、内定取り消し言い渡しが認められます。

雇用契約において、契約書で条件が通知されており、内部情報の取り扱いについての項目に違反しているということです。

大学を卒業できなかった

応募要項にフルタイムという文言があれば(正社員は基本的にフルタイム)、大学卒業は必須です。

授業に時間を取られ、フルタイムでの労働ができなければ、応募要件に満たしておらず、提示された条件との離反が認められるため、雇用契約に則って内定取り消しが認められるのです。

就労に付けない病気や怪我を負った

こちらも上記と同じ論理です。

応募要項にフルタイムという文言があれば、フルタイムで業務にコミットすることが前提となります。しかし、就労に付けないほどの病気や怪我を負ってしまった場合、フルタイムでの労働ができないため、内定取り消しが認められるのです。

ただ、一般的には回復の見込みがある場合は、内定のまま入社時期を遅らせる処置を取る企業が多いです。

せっかく掴んだ内定。取り消されないための注意点

注意点

それでは、内定を取り消されないために、何に注意すればいいのでしょうか。

ここでは注意すべきポイント3つをご紹介していきます。

卒業要件をチェック

大学卒業ができずに内定取り消しというケースが多く見受けられます。

ゆえに、卒業要件を把握しておき、必修を全て取り終える必要があります。卒業必要単位は修了していますか?卒業必要単位にその単位は算入されますか?選択必修はジャンルの制約はありませんか?

SNSは鍵垢にして、企業について呟かない

企業について、内部情報を呟いてしまったがゆえに、内定取り消しになってしまうケースが昨今増えています。

企業について呟かないのは常識ですが、念のために容易にリツイートされないように鍵垢にして拡散されないように対策を施しましょう。

羽目を外しすぎない!素行に注意

次に内定取り消しとしてありうるのは、刑事事件を起こして内定取り消しになる場合です。

賞罰についての入社条件に離反するため内定取り消しが認められてしまいます。飲酒運転やわいせつなど、学生にありがちなお酒の間違いを起こすことのないように注意をしましょう。

内定取り消しを通知されたらどうしたらいいのか

どうする

自分では内定取り消しになるはずがないと思っていたのに、取り消しの通知を受けてしまった…という場合、どのように行動すればいいのかご紹介していきます。

大学の就職課に相談する

まずは大学の就職課に相談しましょう。

例年内定取り消しが発生しているので、これらの類のトラブルの対処法を大学の就職課は身につけています。

弁護士に直接相談する

どう考えても不当な理由で内定が取り消されており、これまで注力してきた準備が無駄になった場合は裁判を起こすことをお勧めします。

弁護士を雇用して、法廷で決着をつけましょう。

内定は雇用と同じ。簡単には取り消せないが、注意を怠るな

まとめ

内定は簡単に取り消すことはできません。

リーマンショック時に外資から内定を取り消されたという話を多く聞きますが、これは内々定であると推測されます。

内定は雇用ですので簡単には取り消すことはできませんが、法的に認められるケースがありますので注意しましょう。

Sponsored