コネ入社は本当にある?コネで就職する方法

この記事を読んでいるあなたは、

  • コネ入社ってホントに実在するの?
  • コネ入社は違法じゃないの?
  • 一般人はコネ入社できない?

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに「コネ入社は本当に実在するのか、多いと噂さている業界や、一般人がコネを作る方法」についてお伝えしていきます。

ちなみに、今すぐ内定を獲得したいと考えているあなたには以下の就活サービスがおすすめです。
「就活のプロ」があなたの内定獲得を支援してくれる完全無料サービスです。

おすすめの優良就活エージェントランキング3選
順位、サービス名特徴公式ページ
JobSpring(ジョブスプリング)
  • 最短2週間で内定&離職率0.1%の業界最高峰の実績
  • 約1000社以上の中からAIがあなたに最適な企業を紹介
  • ESから面接対策まで手厚くサポート
JobSpring公式
JHR就職エージェント
  • 内定獲得率92%
  • 就職後の満足度96%
  • 上場企業や有名企業をはじめ、5,000以上の企業リスト
JHR就職エージェント公式
キャリアチケット
  • 「数」より「質」の内定
  • 内定獲得率大幅UPのサポート
キャリアチケット公式
Sponsored

コネ入社は本当に実在する?

男性 困る 失敗 頭を抱える

就活生なら誰でも1度は憧れる、理想の内定をもらう方法「コネクション採用

つまり、コネ入社のことです。

苦労せずに内定をもらえたり、他の就活生より待遇が良いなど、「ズルい」イメージがありますが、そもそも本当にコネ入社が実在するのか気になっている就活生も多いのではないでしょうか?

結論から言うと、コネ入社は実在します

コネ入社にも、いくつかパターンがありますが、代表的なのは以下の4つです。

  • 役員の親族からの紹介
  • 一般社員からの紹介
  • ヘッドハンティング
  • アルバイトから社員になる

コネ入社とは、「企業と何らかの接点を持っている人が入社すること」なので、一概に悪いこととは言えません。

「アルバイトとして働いて社員から推薦をもらえた」「これまでの成果が認められてヘッドハンティングされた」これらのコネ入社は、苦労せずに内定をもらえているわけではありません。

コネ入社は違法じゃないの?

コネ入社が違法じゃないの?と疑問を抱いている方もいるでしょうが、コネ入社は違法ではありません

法律にはコネ入社の規定はありません。

性差別や、年齢による差別に関する法律はありますが、これらに抵触しない限りは、どの人を採用するかは企業の自由です。

しかし公務員には、国家公務員法という特別な法律があり、「社会的身分・門地による差別の禁止」「丹生力の実証に基づく採用の推奨」と記載されているのでコネ入社は禁止されています。

コネ入社と縁故入社は同じ意味

コネ入社と縁故入社は意味合いは、ほとんど同じですが使い分ける必要があります

コネ入社は、就活時に個人的なコネクションを利用して企業に紹介してもらい入社することに対して、縁故入社は血縁関係や婚姻関係など、特別なつながりを利用して企業に紹介してもらい入社することを言います。

つまり、親族などから紹介してもらうと縁故入社で、それ以外での紹介はコネ入社、となります。

誰に企業を紹介してもらうかで使い分ける必要はありますが、意味合いは同じです。

コネ入社が多い業界とその理由

男性 スーツ スマホ チェック

コネ入社は違法ではありませんが、周りの就活生から嫌われたり、コネで採用している企業のイメージが下がるのも事実です。

しかし、現代においてもコネ入社が多い業界と、その理由について紹介していきます。

広告業界

1つ目のコネ入社が多い業界は、広告業界です。

広告業界はコネ入社を受け入れることで、取引先との関係がより強化され大きな利益を得ることができます。

広告業界において人と人との繋がりは非常に重要で、大手企業の役員の息子を入社させるだけで、数億円単位の広告宣伝費を獲得できることもあります。

企業からすれば、採用枠を1つ埋めるだけで取引先と円滑にビジネスをおこなえるので、費用対効果は高いです。

たった1人のコネ入社で企業との強いパイプが構築されるので、広告業界の企業にはメリットしかなく、これからもコネ入社がなくなることはないでしょう。

テレビ業界

2つ目のコネ入社が多い業界は、テレビ業界です。

テレビ業界は、番組を制作する上で欠かせない業界とつながりを持つためにコネ入社をおこなっています。

対外的には、「公平、公正に入社試験を行った結果」と、どの局もコネ入社を否定していますが、有名人関係者が毎年のように入社しています。

普通の記者なら門前払いの取材先でも、「〇〇の娘です」の一言で、簡単に取材させてもらえることもあるので、テレビ業界においてコネ入社はビジネスの基盤を強固にするための合理的な方法の1つと言えます。

体育会系の企業

3つ目のコネ入社が多い業界は、体育会系の企業です。

実績のある社員の推薦する後輩は質が高く、コストをかけずに優秀な人材を集めれるのが理由です。

体育会系の人は忍耐力や、真面目な人が多い傾向にあるので、就活では昔から優遇されています。

厳しい練習環境を共にした人からの推薦は説得力があり、企業としては安心して自社に合った人材を見つけれる上に、採用業務も簡略化できるので非常に大きなメリットがあります。

一般人がコネを作る方法

男性 作業 パソコン 資料

では最後に、一般人がコネを作る方法を紹介していきます。

志望企業に勤めている人がいないか徹底的に調べる

一般人がコネを作る方法の1つ目は、志望企業に勤めている人がいないか徹底的に調べることです。

どうしても入社したい企業があるなら、コネを探すのも合理的な就活の方法です。

まずは、その企業に勤めている人がいないか調べましょう。

もしかすると気付いていないだけで、あなたもコネを持っている可能性があります

友人や知人、とにかくいろんな人に聞いてみて、志望企業の関係者が周りにいないかコネを探しましょう。

アルバイトとして働く

一般人がコネを作る方法の2つ目は、アルバイトとして働くことです。

志望している企業がアルバイトを募集していたら、コネを作るチャンスです。

実際に企業で働くことで、労働環境の実情も確認できるため、入社後のミスマッチも防ぐことができます。また、企業がどんな人材を求めているのかも把握しやすいので、面接対策もおこないやすくなります。

コネ入社といっても、アルバイトとして働いて、成果を認められて社員への道を進んでいるので、既存の従業員からも歓迎されやすく、一般人の理想的なコネ入社の方法でしょう。

就活エージェントを利用する

一般人がコネを作る方法の3つ目は、就活エージェントを利用することです。

これまでに2つの方法を紹介しましたが、知り合いにコネを持っている人がいなかったり志望企業がアルバイトの募集をしていなければコネを作ることができません。

一般人がコネを作る最も確実な方法が、就活エージェントを利用することです。

就活エージェントの利用はコネ入社とは違うと感じる人もいるかもしれませんが、「コネ」とは「企業との接点」を作ることです。

就活エージェントは、「企業との接点」を作ってくれる就活の強い味方なので、考え方によってはコネを利用していることになります。

就活に合った企業を紹介してくれることはもちろん、特別な選考ルートを用意してくれたり、企業に合わせた面接対策を講じてくれたりなど、多くのメリットがあるので、就活の手間を減らしたいと思っている人にはオススメです。

まとめ:「コネ」とは「企業との接点」を作ること

女性 笑顔 タブレット

今回はコネ入社は本当に実在するのか、多いと噂さている業界や、一般人がコネを作る方法をお伝えしました。

コネ入社は決して悪いことではありません。

自分の持っているものを最大限に利用して就活をおこなうことは、間違ったことではないです。

コネで採用している企業には、それに見合ったメリットがあるので、むしろ合理的な採用方法でしょう。

想像しているコネ入社とは違うかもしれませんが、就活エージェントを利用して、「企業との接点」を作ってもらう方法もあります。

「就活がめんどくさい」「手間をかけずに内定がほしい」こんな風に考えている人は、これを機にコネ入社の可能性を探ってみてはいかがでしょうか?

Sponsored