【コスパ良】就活におすすめのリクルートスーツ!選び方や適正価格など

この記事を読んでいるあなたは、

  • リクルートスーツはどこで買えばいいの?
  • ビジネススーツと何が違うの?
  • 就そもそもリクルートスーツってなに?

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに「リクルートスーツの人気ブランドや選び方のポイント、ビジネススーツとの違い」までお伝えしていきます。

Sponsored

リクルートスーツとは?

スーツ クローゼット

就活の服装といえば「リクルートスーツ」。

日本で就活をおこなう人であれば常識ですが、具体的に「どんなスーツ」がリクルートスーツに分類されるか説明できますか?

サラリーマンやOLが着ている「ビジネススーツ」との違いなど、意外にリクルートスーツのことを知らない人は多いです。

違いがわかっていないと、いざ選ぶときに失敗する可能性もあります。

これから就活に臨む人は、最低限のリクルートスーツの知識は持っておいた方がいいでしょう。

まずは、リクルートスーツの特徴や定義、ビジネススーツとの違いについて説明していきます。

リクルートスーツに定義はある?

実はリクルートスーツに、明確な定義はありません

そもそもリクルートスーツは日本独自の文化で、アメリカなどに「リクルートスーツ」を意味する言葉はありません。

そのため同じような服装や髪型で、おこなわれる日本の就活を目の当たりにして、驚いてしまう外国人も少なくないようです。

スーツ業界にすら「仕様や決まり」はありませんが、「黒や紺の寒色で派手でない」ことが共通している特徴と言えるでしょう。

また、就活中にしか着用しない前提で作られているので、ビジネススーツと比べて安価であることが多いです。

ビジネススーツと何が違う?

ビジネススーツにも明確な定義はありません。

しかし、決定的に違うポイントがあります。

それは「色や柄の選択肢の多さ」です。

リクルートスーツは、どれも地味なデザインですが、ビジネススーツには無地だけでなくストライプやチェック柄など、バリエーションが豊富にあります。

リクルートスーツが個性のない地味なデザインが多い理由は、協調性をアピールするためです。

しかし、入社してからは、自分の個性を積極的にアピールしなければいけない人もいるため、ファッション性の高いスーツが存在しています。

また、ビジネススーツは長期での使用が想定されているので、ウールなどの丈夫な生地で作られていることが多いです。

いまどきのリクルートスーツ事情

カバンを持つ男性

あまり選択肢のないリクルートスーツですが、それでも値段や色など、いくつかの種類があります。

リクルートスーツが、はじめてのスーツになる人も多いため、何を基準に選べばいいのか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか?

それでは次に、リクルートスーツの選び方について説明していきます。

リクルートスーツの適正価格は?

リクルートスーツの適正価格は、1〜3万円(洋服の青山調べ)と言われています。

また、8割以上の人が「洋服の青山」「AOKI」などの量販店でリクルートスーツを購入しているようです。

就活のときにしか着ないつもりなので、ほとんどの就活生は「安さ」重視でリクルートスーツを選んでいます。

見栄を張って高価なスーツを着用して面接会場に行くと、まわりとの差でかなり浮いてしまうので注意しておきましょう。

もしかすると面接官に「生意気だ!」と思われる可能性もあるので、あまりこだわらず1〜3万円程度のリクルートスーツを購入することをオススメします。

何色のリクルートスーツがオススメ?

リクルートスーツは基本的に黒や紺、グレーなどの寒色系で統一されています。

一番人気の色は「黒」です。

7割以上の人が黒を選んでいるようで、圧倒的な人気を誇っています。

黒と紺を両方とも購入して、業界によって使い分けるといった就活生も多いようです。

グレーを選ぶ人はかなり少数派なので、企業に失礼のない範囲で個性をアピールしたい人は、グレーに挑戦してもいいかもしれません。

リクルートスーツは何着必要?

ほとんどの人が、リクルートスーツを2着以上用意しています。

スーツは「1日着たら、1日休ませる」が基本です。

リクルートスーツのシミやシワ、痛みは面接官に「だらしない印象」を与えてしまうかもしれないので、最低でも2着は用意しておいた方がいいでしょう。

しかし、面接の頻度が極端に少ない人は、1着でも十分かもしれません。

就活期間中は、毎日のように企業へ向かう用事がある人は、3着は用意しておきましょう。

リクルートスーツの人気ブランド4選

ビジネスマン スーツ

洋服の青山

リクルートスーツの人気ブランド1つ目は、「洋服の青山」です。

スーツ販売数世界一のギネス記録を持つ、老舗のスーツメーカーとして圧倒的な人気を誇ります。

スーツ以外にもネクタイやシューズなど、就活に必要な道具は、すべて取り扱っているので、迷っている人には「洋服の青山」がオススメでしょう。

AOKI(アオキ)

リクルートスーツの人気ブランド2つ目は、「AOKI(アオキ)」です。

日本人なら誰でも知っている、1976年に創業された紳士服ブランド。

独自に開発された「超耐久スーツ」や「「超撥水コート」など、多機能なスーツが充実しています。

また、セールを定期的に開催しているので、「とにかく安く買いたい人」にオススメです。

はるやま

リクルートスーツの人気ブランド3つ目は、「はるやま」です。

関西に多くの店舗がある老舗のスーツ量販店。

就活生には、低価格でストレッチ性に優れた「ストレス対策スーツ」が人気です。

「はるやま」はスーツだけでなく、独自に開発している多機能Yシャツも人気があります。

ネット販売やオンラインショップも充実しているので、サイズが分かっている人は店舗に行かなくても購入可能です。

UNIQLO(ユニクロ)

リクルートスーツの人気ブランド4つ目は、「UNIQLO(ユニクロ)」です。

世界中で親しまれているファストファッションブランドですが、スーツのイメージがない人もいるかと思います。

しかし、シンプルでシルエットの綺麗な商品が多く、就活でもプライベートでも大活躍です。

他の商品と同様にリクルートスーツも「高品質かつ低価格」で販売されています。

就活のためだけに専用のリクルートスーツを買うのが嫌な人は、プライベートでもジャケットとして活用できる「UNIQLO(ユニクロ)」のスーツがオススメです。

まとめ:リクルートスーツは「マナーを守る」ことが最優先

壁にもたれる男性

今回はリクルートスーツの人気ブランドや選び方のポイント、ビジネススーツとの違いをお伝えしました。

リクルートスーツは就活に必要不可欠な道具なので、迷ってしまう人も多いと思います。

選ぶときの重要なポイントは、「就活に相応しい洋服かどうか」です。

「明らかにサイズがあっていないスーツ」や「シミやシワだらけの不潔なスーツ」は、着ているだけで就活の難易度が上がってしまいます。

それでも「まわりの人と同じになるのは嫌だ」と思っている人は、マナーを守った上で自分の個性をアピールしましょう。

Sponsored