【裏技】就活で今すぐ内定が出る賢い方法!一発逆転できる?

この記事を読んでいるあなたは、

  • エントリーするものの、お祈りメールばかり…。内定が出ない原因は?
  • すぐに内定が出やすい業界を知りたい
  • 1次面接にも進めない自分が逆転する方法はある?

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに「今すぐ内定が貰える一発逆転の裏技」をお伝えしていきます。

▼ちなみに、今すぐ内定をGETしたいあなたには以下のサービスがおすすめです。

順位、サービス名特徴公式ページ
JobSpring(ジョブスプリング)
  • 最短2週間で内定&離職率0.1%の業界最高峰の実績
  • 約1000社以上の中からAIがあなたに最適な企業を紹介
  • ESから面接対策まで手厚くサポート
JobSpring公式
JHR就職エージェント
  • 内定獲得率92%
  • 就職後の満足度96%
  • 上場企業や有名企業をはじめ、5,000以上の企業リスト
JHR就職エージェント公式
キャリアチケット
  • 「数」より「質」の内定
  • 内定獲得率大幅UPのサポート
キャリアチケット公式
Sponsored

内定が出ない理由

内定が出ない理由

まずはなぜ自分に内定が出ないのか、理由を探ることから始めましょう。

就活は大学受験とは違い、評価要素が複雑かつ評価基準も属人的であり、点数も開示されないため、内定が出ない理由を把握することが非常に難しいです。

しかし、内定が出る人と出ない人には明確な差があり、一般的には下記の3つに大別されます。

その企業でないとダメだという志望動機になっていない

面接で内定が出ないのは、志望動機が人事に突き刺さっていないからです。

面接において志望動機を聞かれた際に、「なぜウチじゃないといけないのか」「他の企業さんでもやりたいことはできると思うよ」などと追加で質問されていませんか?その企業にしか通用しない志望動機を作れていれば、このような補足質問はされません。

企業研究やOB・OG訪問を通して、その企業の唯一性を把握できていない就活生に多い症状です。

ガクチカで自分の魅力をアピールできていない

1次面接など初期段階の選考過程で落ちるのは、ガクチカ(学生時代頑張ったこと)の作り方が適切でないからです。

よく面接官から「なんでそれをやろうと思ったのか」「どこにあなたの個性が出ましたか」と聞かれませんか?成果を誇張するあまり、あなたの唯一性である思考プロセスや性格をガクチカに反映できていないのです。

まずは、成果は端的に記述して、ガクチカにおける課題と自分にしかできなかった解決方法を書き出すことから初めてみましょう。

自分の能力と志望レベルが合っていない

面接に進めないのは、あなたの能力と企業の就職レベルが合っていないからです。

あなたの大学の偏差値はどれくらいでしょうか?大学で表彰されるなど目立った成果を上げていますか?大学生活は充実していましたか?あなたが志望している東証一部上場の超有名企業にはこれら項目において同世代よりはるかに成果を上げている人たちがエントリーしています。

まずは、少しランクを下げて見ましょう。業界トップ企業ではなく2番手、3番手などにエントリーして内定を積み重ねていくと、最大手企業もその内定を基準として高評価をつけてくれる可能性があります。

今すぐ就活力をあげる方法

内定の方法

しかしながら上記3つの理由に当てはまらない方もいると思います。

あなたは今、ライバルたちと横並びの状態で少しの差で内定を逃しています。

ここではライバルにちょっと有利になる就活力を上げる方法をご紹介します。

ライバルと差別化できるESのワンポイント

ESについてですが、自己PRとガクチカを「繋げて」書いてみてください。

ガクチカは学生時代頑張ったことの課題・取り組みプロセス・解決策・結果を詳細に書きましょう。

一方自己PRでは、ガクチカから見えてくるあなたの強みを端的にまとめてください。

そうすることで、自己PRの訴求力が上がり、人事の理解度も格段にアップします。

言いたいことが伝わる面接の答え方

続いて面接について、結論ファーストを心がけましょう。

起承転結で説明しようとする答え方は何を言いたいのか伝わらず、どんなにいいことが結論に待ち受けていたとしても、人事は聞く耳を持ちません。結起承転結を意識してください。

面接での印象を良くする表情

面接で少し有利になるポイントですが、基本的にずっと面接官の目を見て話しましょう。

自信がない場合、目を背けがちですがどんな質問にも目を見て答えることで、安心感と頼りがいのある印象を与えることができます。

今すぐ内定を獲得する裏技

内定のためにやること

様々、内定を得るための対策を解説しましたが、ここでは今すぐ内定を獲得するための裏技を3つご紹介します。

競争が激しくない業種を受ける

高倍率の競争を避けることで、比較的簡単に内定を獲得することができます。

詳しくは後述しますが、コンサル・広告・総合ディベロッパー・マスコミ・総合商社などの倍率100倍が当たり前の人気業界は避けましょう。

企業からスカウトを受ける

スカウト型の就活サービスを利用することで、自分から売り込むのではなく、企業側からオファーしてもらうことが可能です。

人事は、登録されたあなたのプロフィールを読んでオファーしてくるため、さほど面接などを重ねることなく短期で内定を獲得することができます。

内定直結イベントに参加する

座談会や合同説明会、インターンシップといった、参加することで特別選考を案内されたり、日常会話だけで選考されているイベントがあります。

こちらは自力で探すことが難しいので、就活エージェントを利用することが必要です。

意外と穴場?すぐに内定が出やすい業種

企業

内定がでやすい業種は具体的に以下の4つです。

①知名度の低いBtoB企業

就活生に知られていないため、エントリー数が少なく、競争率が低いです。

②保険や銀行などの営業職

営業はハードワークであるため、就活生が忌避する傾向があります。ハイリスクハイリターンが魅力です。

③HRのコンサルティング職

転職市場の隆盛に伴い、人手が足りないため、採用が活発化しています。

④IT企業のエンジニア職

こちらも昨今のDXに伴い、プログラマーの人手が足りておらず、採用人数が増えています。

オススメの就活エージェント

就活エージェント

自力で頑張っても内定が出ないなら、残された確かな道はプロの力を借りることです。

ここでは的確なデータと特別案件を保有しているオススメのエージェントをご紹介します。

JobSpring(ジョブスプリング)

AIマッチング機能と就活サポーターによる個別面談によって自分にあった企業とマッチングすることが可能です。

適性検査とヒアリングによって厳選された3・4社が紹介され、その中から最短1週間で1・2社の内定を獲得することができます。

>>最短2週間で内定GET
就活のプロに相談してみる<<<

関連記事

就活で大事なのは、「いかに有名な企業に受かるか」ではなく「いかに自分の力を存分に活かせる環境に行けるか」です。この記事ではあなたの就活をサポートしてくれるJobSpring(ジョブスプリング)をご紹介します。[…]

ジョブスプリングTOP

JHR就職エージェント

ベンチャー企業から大手企業を含む求人を5000件醸し、業界トップクラスの内定率92%を誇るサービスです。

ヒアリングに重点を置いており、何度も就活生と対話を重ねた上で企業を紹介してくれるので、適性率が高いのが特徴です。

>>内定獲得率驚異の92%!
就活のプロに相談してみる<<<

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 JHR就職エージェントについて知りたい JHR就職エージェントの特徴やサービス内容について知りたい JHR就職エージェントの評判について知りたい上記のように考えているかもしれませ[…]

考案中 男

キャリアチケット

取り扱い企業が170社と他の就活エージェントと比較すると少ないですが、その分案件が厳選されており、粗悪なものが完全排除されているのが特徴です。

最短3日で内定を獲得できることも人気の理由の一つです。

>>徹底したサポートで内定GET
就活のプロに相談してみる<<<

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 キャリアチケットについて知りたい キャリアチケットの特徴やサービス内容について知りたい キャリアチケットの評判について知りたい上記のように考えているかもしれません。この記[…]

オレンジの机にスマホ

キャリセン就活エージェント

キャリアスカウトという企業マッチングイベントが人気のサービスです。

このイベントは一部の学生に開放されており、3年以内の離職率が低いホワイト企業だけを仲介する説明会です。

大手企業からベンチャー企業まで豊富な案件数も特徴です。

>>徹底したサポートで内定GET
就活のプロに相談してみる<<<

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 キャリセン就活エージェントについて知りたい キャリセン就活エージェントの特徴やサービス内容について知りたい キャリセン就活エージェントの評判について知りたい上記のように考えている[…]

ネクタイを締める男

準備なんて関係ない 賢く内定を得たもの勝ち

準備は関係ない

周りは内定をもらえているのに、まだ自分はもらえない…。

焦る気持ちはわかりますが、ゴールは納得して就活を終えることですので、速さは関係ありません。長期で働くことができるあなたにあった企業を賢く見つけましょう。

Sponsored