同窓会にニートやフリーターが行くとどうなるか【体験談】

この記事を読んでいるあなたは、

  • ニートやフリーターが同窓会に行くのはヤバい?
  • 同窓会では、どんな話をするの?
  • ニートでも正社員になれるの?

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに「同窓会にニートやフリーターが行くとどうなるのか、正社員になるメリットや、最短で就職する方法」までお伝えしていきます。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 内定の無いまま卒業したけど、既卒にぴったりな就活サイトを知りたい 第二新卒におすすめの就活サイトはある? キャリアをやり直すにあたって参考になるサービスを知りたい上記のように考え[…]

Sponsored

ニートやフリーターが同窓会に行くとどうなる?

ビール 乾杯 居酒屋

同窓会では、学生時代の思い出話で盛り上がることもありますが、

  • 今、何をしているのか
  • 結婚や子供、家族について
  • 今後のキャリアプラン

など、近況や未来の話をする場合が多いです。

ニートやフリーターであることを周囲の人に言いたくない人が、同窓会に行くとどうなるのか紹介していきます。

心配される

学生時代にともに夢語り合っていた友人がニートやフリーターになっていたら、多くの人は心配してくれるでしょう。

しかし、心配してくれると言っても、助けてくれるわけではありません。

求めてもいないのに、同情の目に晒されることになります。

ニートやフリーターは一般的に、

  • 安定していない
  • 給与が低い
  • 遊んでいる

上記のようなイメージを持っている人がほとんどです。

自分がどんな人生の選択をするかは本人の自由ですが、周りに人からは、「将来のことを考えていない人」と思われてしまうでしょう。

心配してくれる気持ちが強い人は、お酒の力も影響して、「説教」をしてくる人までいます。

見下される

ニートやフリーターの人が同窓会に行くと、あなたのことを見下してくるかもしれません。

多くの人は、正社員として企業で働いていることでしょう。

自分の職場にいるフリーターと、あなたを重ね合わせて自分よりも「下の立場の人」と勘違いしてしまいます。

「俺の友達に限ってそんなことはない」、そう思うかもしれませんが笑顔で接してくれているだけで、心の中では見下しているかもしれません。

社会に出て働いている人なら、ニートやフリーターである人に面と向かって、「見下した発言」をすることは世間的に、あまりよくないことをもちろん知っています。

学生時代に仲が良かった友人でも内心ではあなたのことを、どう思っているかは分かりません。

話についていけなくなる

正社員として働いている人は、目標や夢を持っていることが多いです。

同窓会では、そんな自分の将来について「熱く語る」なんてことも珍しくありません。

自分の家族の幸せな話や、仕事の苦労話など、ニートやフリーターの人は話題に入っていくことが難しいでしょう。

常日頃から、努力して結果を出している人の話ばかり聞いていると、ふと自分の人生を見返して虚しく感じる人もいるかもしれません。

家や高級外車を購入している人に、生活レベルの差を見せつけられることもあります。

ニートやフリーターでは、絶対に手の届かない生活圏の話は自慢にしか聞こえず、自分の生活が惨めなものに思えてしまいます。

正社員に就職してから同窓会に行くとどうなる?

仕事 男性 パソコン

ニートやフリーターのまま同窓会に行くと、かなり厳しい現実が待っています。

では正社員として同窓会に行くと、どうなるのか紹介していきます。

ビジネスの話ができる

同窓会はあると言うことは、30代〜50代の可能性が高いです。

当然、ほとんどの人が社会で働いているので、仕事の話で意気投合することができます。

「仕事」が共通の話題となり、話が盛り上がって一緒に起業するなどの可能性も考えられるでしょう。

ビジネスの話ができるのは、ニートやフリーターでは絶対に得られないメリットです。

恋愛に発展する可能性も!

同窓会の話題の中心は、「近況報告」です。

正社員として働いていれば、自分の仕事について自信を持って話すことができます。

同窓会では学生時代に、あまり面識のなかった人と意外に話が弾んで、恋愛に発展することも少なくありません

ニートやフリーターの人でも、話が盛り上がることはあるかもしれませんが、残念ながら恋愛対象として見てくれる人はあまりいません。

「気が合うから」「容姿が好み」など、表面的な理由で恋人を選ぶのは学生時代までです。

「高い収入を得ている」「安定している」「目標のために努力している」など、正社員の人の方が恋人としての魅力は圧倒的です。

同窓会に恋愛を期待しているのであれば、正社員になってから参加しましょう。

正社員になる3つのメリット

パソコン タイピング 仕事

当然ですが、正社員になるメリットは同窓会に参加した時以外にもたくさんあります。

正社員になることで、以下のようなメリットが考えられます。

  • 収入が上がる
  • 福利厚生が充実している
  • キャリアアップできる

それぞれ詳しく説明していきます。

収入が上がる

正社員になるメリットの1つ目は、収入が上がることです。

10代や20代代前半の頃はフリーターと正社員でも、そこまで大きな収入の違いはないかもしれませんが、年齢を重ねるごとに収入の差は歴然となります。

日本企業の正社員であれば、どんな人でも毎年、給料は上がっていきますし、何よりボーナスがあります。

一般的にフリーターの生涯年収は9千万円で、正社員であれば2〜3億円と言われています。

ローンやクレジットカードの審査など、収入が上がると人生の選択肢も増えます。

金銭面は正社員になる大きなメリットでしょう。

福利厚生が充実している

正社員になるメリットの2つ目は、福利厚生が充実していることです。

育児休暇や産休、保険、年金、手当など、正社員とフリーターでは待遇に大きな差があります。

正社員なら不慮の事故で怪我してしまっても、有給や休職といった方法でなんとかなりますが、フリーターの多くは時給なので、働けなくなったら「即クビ」なんてことも考えられます。

安心した生活を求めているなら、正社員を目指した方がいいでしょう。

キャリアアップできる

正社員になるメリットの3つ目は、キャリアアップできることです。

企業は研修や教育に、多大なコストをかけて自社の人材を育てることが普通です。

どこかの企業に正社員として在籍していた経歴は、前職の企業で研修、教育を受けていることになるので、それだけで価値が生まれます

正社員なら、より成長できる企業に転職する道もあります。

フリーターは任せてもらえる仕事に限界があり、仕事の幅も広がりません。

責任感を持って働いていきたい人は、正社員になることをオススメします。

今からでも遅くない!最短で正社員になる方法

整理されたデスク パソコン マウス ノート

就職エージェントを利用する

正社員になることは多くのメリットがあり、同窓会も引け目を感じずに思いっきり楽しむことができます。

しかし、

  • 正社員になる自信がない
  • もう正社員を目指すのは遅い
  • とにかく1日でも早く正社員になりたい

上記のように考えている人も少なくありません。

そんな人には、就職エージェントがオススメです。

就職エージェントとは、代表的な就職支援サービスの1つで、専任のキャリアコンサルタントが、就活初期から入社まで徹底的にサポートしてくれるサービスです。

企業からお金をもらっているので、利用者は無料でサービスを受けることができ、スケジュール管理や企業紹介、選考対策など、どんな人でも正社員を目指せるようにサポートしてもらえます。

最短1週間で正社員になれたり、ニートやフリーターに特化した就職エージェントもあります。

今すぐに正社員になりたい人は、就職エージェントの利用を強くオススメします

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 内定の無いまま卒業したけど、既卒にぴったりな就活サイトを知りたい 第二新卒におすすめの就活サイトはある? キャリアをやり直すにあたって参考になるサービスを知りたい上記のように考え[…]

まとめ:惨めな想いをしないように就職エージェントつかって就活しましょう

チーム 会議 パソコン

今回は同窓会にニートやフリーターが行くとどうなるのか、正社員になるメリットや、最短で就職する方法をお伝えしました。

せっかくの同窓会、ニートやフリーターという、つまらない理由で引け目を感じるのは非常にもったいないです。

就職エージェントなら、1か月で正社員になることも夢ではありません。

つまり、招待状が届いてからでも遅くはありません。

思い切って今すぐに行動して、ニートやフリーターから脱却しましょう。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 内定の無いまま卒業したけど、既卒にぴったりな就活サイトを知りたい 第二新卒におすすめの就活サイトはある? キャリアをやり直すにあたって参考になるサービスを知りたい上記のように考え[…]

Sponsored