志望動機なんてねーよ!という方へ。志望動機がなくても就職する方法

この記事を読んでいるあなたは、

  • 正直、企業で働きたくないけど、将来設計のために内定が欲しい
  • 志望動機なんてないけど、内定を獲得する方法はある?
  • 志望動機ではなく、他の要素をアピールして就活をしたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに「しっかりとした志望動機がなくても就職する方法」をお伝えしていきます。

▼ちなみに、今すぐ内定をGETしたいあなたには以下のサービスがおすすめです。

順位、サービス名特徴公式ページ
JobSpring(ジョブスプリング)
  • 最短2週間で内定&離職率0.1%の業界最高峰の実績
  • 約1000社以上の中からAIがあなたに最適な企業を紹介
  • ESから面接対策まで手厚くサポート
JobSpring公式
JHR就職エージェント
  • 内定獲得率92%
  • 就職後の満足度96%
  • 上場企業や有名企業をはじめ、5,000以上の企業リスト
JHR就職エージェント公式
キャリアチケット
  • 「数」より「質」の内定
  • 内定獲得率大幅UPのサポート
キャリアチケット公式
Sponsored

そもそもなぜ志望動機は就活で聞かれるの?

面接風景

志望動機は学生時代に一番力を入れたこと(ガクチカ)と並んで、就活において、ESや面接で必ず聞かれる項目です。

志望動機から面接官が得られる情報は主に3つあります。

企業で長期的に働くことができるか判断するため

志望動機は一言で言えば、企業を気に入った理由のことです。ゆえに、志望動機の着眼点によって企業に入社して長期的に勤務を続けることができるか判断ができます。例えば、その企業で従事できる業務に惹かれたという理由であれば、自己分析と合わせて興味の方向性があっているかを面接で審判することで持続可能性があるかを判断できます。

また、憧れの社員がいる、という理由であれば「その社員がいない部署に配属になったら、または社員が退社したら辞めるのではないか?」と、採用のリスクを把握することができるのです。

企業研究の深度を知るため

志望動機はその企業の業務内容、従業員に共通する社訓、社風に関する質の高い情報がないと作ることができません。

ゆえに、志望動機を精査することによって、就活生がどれだけ企業研究をすることができるのかを判断することができます。企業研究の深度によって、業務に欠かせない「リサーチ力」のスキルを測ることができるのです。

企業への志望レベルを把握するため

企業研究をしっかりと質高くするためには非常に手間がかかります。OB・OG訪問を重ねる。

企業説明会に参加して人事に質問する。社員座談会にて社員と話をしてみて、社風を把握する。

企業HPや場合によってはIRを読解して企業の将来性を分析するなど、多岐にわたる作業が必要なのです。ゆえに、訴求力ある志望動機が書けるという事は、それだけ手間をかけても入社したいという意思があることを意味しています。

当たり障りのない志望動機の作り方

志望動機作成

志望動機は「その企業だけに突き刺さるもの」が理想です。

しかし、中には志望動機は二の次でスキルさえあれば、長期的に働いてくれるかは考慮しないという実力至上主義の企業があります。

そういった企業の志望動機を作る際のテンプレート3つをご紹介します。

御社で働く社員に憧れたから

「働いている社員が魅力的だから」という志望動機は王道です。

OB・OG訪問で出会った方が生き生きと働いていて、そんな職場に憧れました。

社員座談会でお話しした社員の方が能力が高くて、その方のもとで働いてみたいと思った。社員の魅力で留めずに職場が魅力的で長期的に刺激を受けながら働きたいというように、職場に定義を広げるパターンもあります。

御社が手がける業務の中で携わりたいものがあるから

「やりたい仕事がある」というのも王道です。

できればその会社でしか、その仕事ができないから志望したというストーリーを描くことができれば、志望動機としては完璧です。

海外で大きな事業ができる、地方に貢献できる仕事ができるなど、企業研究での情報を加えるとグッと訴求力が上がります。

御社で働くことが一番成長できるから

「ここで働くことが自分の成長に繋がるから」という志望動機もメジャーです。

年功序列にとらわれず、若手にも大きな業務を任せてくれる。

メンター制度や社員研修などの制度が整っていて大企業に通用するビジネススキルを身に付けることができるなど、自己研磨ができるという志望動機はベンチャー企業や実力主義の大企業に好まれる内容です。

志望動機が見つけられない!そんな時の裏技

志望動機の見つけ方

それでも志望動機が見つけられない、書けないという方もいると思います。

そんな時に、実践すべき「志望動機の見つけ方」をご紹介します。

OB・OG訪問でOBの志望動機を引用・借用する

企業研究の一環でする、OB・OG訪問の際に、先輩から志望動機を聞き出して引用・借用する方法です。

実際に企業の人事に認められた志望動機のため、自身で一から作るよりも精度の高いものになります。しかし、面接で確実に志望動機を掘り下げられるため、自身に適用できる志望動機であることに注意してください。

Unistyleなどから過去のESを閲覧して志望動機を参考にする

先ほどのものと似通っていますが、Unistyleなどで先輩のESを閲覧して、記述されていた志望動機を参考にする方法です。

OB訪問で志望動機を引用すると、OBがOB訪問を人事に報告している場合、遡って引用が見破られる可能性があります。しかし、見知らぬ先輩のESであれば、明るみになる可能性は低くなります。

人事の企業説明資料から借用する

企業説明会に参加して、PPTや資料から「企業の魅力」を抜粋して志望動機に転用する方法です。

「我が社では人財と呼び、全ての社員が魅力」

「海外売上高が95%というグローバル展開が強み」

「業界で首位であり、トップランナーとして大規模な事業を展開できる」

など、企業説明の資料で強調されている要素を逆手にとって志望動機を作ることが可能です。

志望動機がどうしても作れない!志望動機なしで内定する方法

志望動機を無理やり作る

それでも志望動機が作れないという方のために、志望動機を作らなくても内定する方法があります。

逆求人サイトを利用する

簡単なプロフィールを記入して企業の人事からオファーをもらえる「逆求人サイト」を活用する方法です。

志望動機もなにも、企業側からオファーをしてくるので、志望動機の作成をスキップして内定を獲得することができます。

内定直結イベントに参加する

ざっくりとした履歴書を記入して参加する「内定直結イベント」を活用する方法です。

一般的に内定直結イベントは、グループディスカッションなどの実践ケース問題を通して、人事が就活生を採点してオファーを仕掛けます。ゆえに、志望動機ではなく実力をベースに内定を出すため、志望動機作成をスキップすることが可能です。

就職エージェントを活用する

就職エージェントを活用することで、志望動機が重視されない企業を探し出す方法です。

普通の就活生が独力で実力至上主義の企業を探し出すのは至難の技です。過去の膨大なデータを持つ就職エージェントを頼ることで、効率的にガクチカを訴求して内定を獲得できます。

志望動機はなしでも内定は可能。志望動機以外の要素を磨こう

まとめ

志望動機に力点を置かなくても内定を獲得することは可能です。

しかし、志望動機ではなくガクチカや趣味・特技、長所・短所の精査が内定への鍵になってきますので、しっかりとした就活の準備はマストです。

Sponsored