日本の就活はおかしい?クソ?理由や回避策をご紹介

この記事を読んでいるあなたは、

  • 日本の就活はおかしい!
  • 就活を滑稽に思うのは私だけ?おかしいと思う理由を具体的に知りたい
  • こんな変な就活を避ける方法はある?

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに「日本の就活がおかしい理由や、それに巻き込まれない回避方法」をお伝えしていきます。

▼ちなみに、今すぐ内定をGETしたいあなたには以下のサービスがおすすめです。

順位、サービス名特徴公式ページ
JobSpring(ジョブスプリング)
  • 最短2週間で内定&離職率0.1%の業界最高峰の実績
  • 約1000社以上の中からAIがあなたに最適な企業を紹介
  • ESから面接対策まで手厚くサポート
JobSpring公式
JHR就職エージェント
  • 内定獲得率92%
  • 就職後の満足度96%
  • 上場企業や有名企業をはじめ、5,000以上の企業リスト
JHR就職エージェント公式
キャリアチケット
  • 「数」より「質」の内定
  • 内定獲得率大幅UPのサポート
キャリアチケット公式
Sponsored

日本の就活はおかしい!矛盾と違和感の理由

就活の違和感

就活準備は大学3年生の夏から始めるのが理想と言われています。

事前準備を徹底する就活生はそこから大学4年生の6月まで約1年間を費やして、自己分析や業界研究・企業研究、ES・面接対策、OB・OG訪問、インターンシップ参加に従事します。

その中で約4割の就活生が就活準備の段階や本選考において、違和感を感じています。

見た目を統一させられる

一般的に企業説明会・座談会・インターンシップ・面接・OB・OG訪問といった、企業との接触機会においてはスーツ・革靴・手提げ鞄・黒髪が常識とされています。

女性のネイルや男性のピアス・金髪などは人事から眉を顰められ、直接的には注意されないものの、選考での評価に悪影響を及ぼしています。

言語化はされませんが、男性は黒髪(七三分け)・リクルートスーツ・ネクタイ・革靴・ハイソックスが基本とされ、女性は黒髪(セミロング)・リクルートスーツ・ローファーにされるなど、就活では見た目の個性が削ぎ落とされるのです。

大学生の1/4の時間を奪われる理不尽さ

新卒採用においては事前知識を要求しない、ポテンシャル採用であるがゆえに大学での研究を重視しません。

それゆえに、ガクチカや志望動機だけではなく、インターンへの参加やOB・OG訪問の人数によって企業への志望度合と言った本質的ではない要素が選考基準として取り入れられます。

結果として、大学生は1年近くかけて大学生の本分とはかけ離れた就活準備を強要されるのです。

しかし、これはおかしいことではありませんか?そもそも大学は研究機関です。

勉学のために年間50〜150万円の学費を支払っているのに、貴重な時間でなぜ企業のために魅せ方を研究しないといけないのでしょうか。

何の意味があるのか分からない独自ルール

日本の就活には独自のルールがあります。

これは経団連が定めた、3月以前のリクルート活動を禁じ、6月から面接を解禁する就活ルールに端を発します。

例えば、インターンシップの募集項目に「参加による本選考への影響はありません」という文言があると思いますが、大抵は嘘で参加による本選考優遇があるのが実態です。

そして3月のエントリー以降、模擬面接やキャリアマッチセミナーと言葉巧みに「面接」という言葉を避けた本選考が行われます。

また、インターンや面接において服装として「私服でお越しください」という文言は、職場の風紀を乱さないビジネスカジュアルを指しており、本当に私服で来た学生は評価が下がります。

嘘をついてはいけないが、真実を言ってもいけない

就活生は面接やESにおいて、ありのままの真実を述べると内定を得ることができません。

Unistyleなどで先輩のESを見る際に、ガクチカの成果が超人的すぎて肩を落としていませんか。

このガクチカにおいても、自分の手柄ではないがあたかも自分の貢献の成果物として美談に仕立て上げているので事実とは若干の乖離があります。

また、最終面接において「御社が第一志望です」という言わなかった就活生は内定を獲得できません。

完全な嘘はご法度ですが真実をありのまま伝えると内定を得られないのです。

日本と世界の就活を比較分析

世界の就活

アメリカやドイツなどの欧米諸国には新卒の一括採用のシステムはなく、通年採用が一般的です。

ポテンシャル採用ではなく、スキル採用のため学部卒で優良企業への就職は難しく、ほとんどの社会人は博士号や修士号を獲得しています。

研究・成績・学外活動などの要素に加え、OB・OGとのコネが重要です。アメリカでは特にインターンでの経験が必須となっています。

おかしな就活を避けて就職する方法

就活を避けるには

以上のように、研究に一身を捧げる大学生は就活にかける時間と費用は最小限にするべきです。

ここでは就活の煩わしい準備や面接を回避するための方法をご紹介します。

インターン選考で早期内定を貰う

インターンに参加することで、特別選考ルートに進み、本エントリー採用と比べて効率的に内定を獲得する方法です。

メリットとしては、6月よりも前に内定を獲得できますし、OB・OG訪問と言った煩わしい準備をスキップすることができます。

海外留学の末、留学生向けの特別イベントから内定を得る

新卒採用にそのまま挑戦するのではなく、一度海外に留学して、留学生向けの特別イベントに参加することで、一般学生よりスムーズに就活を進めることができます。

ボストンキャリアフォーラムには2020年には博報堂や三菱商事などの超優良企業を含む178社が参加し、最短1回の面接で内定を獲得できます。

就活の無駄な作業を就活エージェントに任せる

就活のプロが自己分析や企業研究、ES・面接対策などを代行してくれます。

さらにインターンからの特別選考について、潤沢なデータを持っており、案件も数多く取り扱っています。

おすすめの就活エージェント

おすすめ就活エージェント

ここでは就活エージェントを検討する方に、数多くの優良案件を醸し、学生に寄り添ってくれる優良エージェントをご紹介していきます。

JobSpring(ジョブスプリング)

AIマッチング機能と就活サポーターによる個別面談によって自分にあった企業とマッチングすることが可能です。

適性検査とヒアリングによって厳選された3・4社が紹介され、その中から最短1週間で1・2社の内定を獲得することができます。

>>最短2週間で内定GET
就活のプロに相談してみる<<<

関連記事

就活で大事なのは、「いかに有名な企業に受かるか」ではなく「いかに自分の力を存分に活かせる環境に行けるか」です。この記事ではあなたの就活をサポートしてくれるJobSpring(ジョブスプリング)をご紹介します。[…]

ジョブスプリングTOP

JHR就職エージェント

ベンチャー企業から大手企業を含む求人を5000件醸し、業界トップクラスの内定率92%を誇るサービスです。

ヒアリングに重点を置いており、何度も就活生と対話を重ねた上で企業を紹介してくれるので、適性率が高いのが特徴です。

>>内定獲得率驚異の92%!
就活のプロに相談してみる<<<

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 JHR就職エージェントについて知りたい JHR就職エージェントの特徴やサービス内容について知りたい JHR就職エージェントの評判について知りたい上記のように考えているかもしれませ[…]

考案中 男

キャリアチケット

取り扱い企業が170社と他の就活エージェントと比較すると少ないですが、その分案件が厳選されており、粗悪なものが完全排除されているのが特徴です。

最短3日で内定を獲得できることも人気の理由の一つです。

>>徹底したサポートで内定GET
就活のプロに相談してみる<<<

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 キャリアチケットについて知りたい キャリアチケットの特徴やサービス内容について知りたい キャリアチケットの評判について知りたい上記のように考えているかもしれません。この記[…]

オレンジの机にスマホ

キャリセン就活エージェント

キャリアスカウトという企業マッチングイベントが人気のサービスです。

このイベントは一部の学生に開放されており、3年以内の離職率が低いホワイト企業だけを仲介する説明会です。

大手企業からベンチャー企業まで豊富な案件数も特徴です。

>>徹底したサポートで内定GET
就活のプロに相談してみる<<<

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 キャリセン就活エージェントについて知りたい キャリセン就活エージェントの特徴やサービス内容について知りたい キャリセン就活エージェントの評判について知りたい上記のように考えている[…]

ネクタイを締める男

大学は社会人育成機関ではなく研究機関!おかしい就活は避けるが吉

大学は研究機関

就活に違和感を感じる方は間違っていません。

6月解禁という企業側のルールで様々なしわ寄せが学生に来ているのが事実です。

研究や勉学に重点を置きたいのであれば就活は賢く回避することがオススメです。

 

Sponsored