【就活】キャッチコピーが浮かばない。良い回答例は?

この記事を読んでいるあなたは、

  • なんで企業はキャッチコピーを知りたいの?
  • 自分のキャッチコピーなんてない
  • キャッチコピーって、どうやって作るの?

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに「キャッチコピーの必要性や作り方、周りと差がつく例文」についてお伝えしていきます。

Sponsored

就活でキャッチコピーが聞かれる理由

悩み 女性 デスク パソコン

就活をしていると、自己紹介の時に「あなたのキャッチコピーを教えてください」と、聞かれることは珍しいことではありません。

就活中には、よくあることですが、キャッチコピーを自分につけることは、後にも先にも就活の時だけでしょう。

では、なぜ企業が学生に対してキャッチコピーの質問するのか、考えたことはありますか?

就活でキャッチコピーが聞かれる理由は、以下の3つです。

  • 人柄を知るため
  • 自己分析ができているかの確認
  • 自社に合う人材なのか見極めるため

質問の意図を理解していた方が、より的を得た回答ができるようになるため、それぞれ理由を説明していきます。

人柄を知るため

就活でキャッチコピーが聞かれる理由の1つ目は、人柄を知るためです。

同じ質問でも企業によって意図が違うこともありますが、「あなたのキャッチコピーを教えてください」は、就活生が、「どんな人物なのか」「どんな考え方をするのか」を知るために聞かれるケースがほとんどです。

自分をどんなものに言い換えて、強みや特性を伝えてくるのかを試されているので、具体的かつ簡潔なキャッチコピーを用意する必要があります。

自己分析ができているかの確認

就活でキャッチコピーが聞かれる理由の2つ目は、自己分析ができているかの確認です。

相手に自分の強みや特性が伝わるキャッチコピーの作成には、自分のことを客観的に理解する能力が必要不可欠です。

「就活生がどんな人物なのか」だけではなく、「自分の強みや特性を理解できているのか」も確認されていることを知っておきましょう。

自己分析をおこなう際には、自分の力だけでなく、自分のことを深く理解してくれている人や、就活エージェントのカウンセラーなどにアドバイスを求めた方が、より高い精度の自己分析ができます。

自社に合う人材なのか見極めるため

就活でキャッチコピーが聞かれる理由の3つ目は、自社に合う人材なのかを見極めるためです。

キャッチコピーには、言葉のチョイスや自分の強み、考え方など、その人が「どんな人なのか」を判断するための材料が、いくつも揃っています。

それらの情報から、「自社に合う人材なのか」を確認するために聞かれています。

どんなに優秀な人材でも、企業との社風に合わなければ、お互いに気持ちよく仕事はできません。

考え方や、仕事への向き合い方のミスマッチを無くすために、確認されていることを注意しておきましょう。

簡単3ステップ!就活で使えるキャッチコピーの作り方

3人 相談 作業

これまでに就活以外で、キャッチコピーの作成を経験している人は少ないでしょう。

しかし、先ほど説明した通り、キャッチコピーには

  • 人柄を知るため
  • 自己分析ができているかの確認
  • 自社に合う人材なのか見極めるため

など、面接の合否を決める判断材料が多く集まる質問のため、企業にとって重要度の高い質問です。

では次に、就活で使えるキャッチコピーの作り方を紹介します。

ステップ1 長所・特徴をすべて書き出す

ステップ2 インパクトのある表現に変換する

ステップ3 キャッチコピーの根拠、理由を言語化しておく

詳しい作り方を、順番に説明していきます。

ステップ1、長所・特徴をすべて書き出す

就活で使えるキャッチコピーの作り方ステップ1は、「自分の長所、特徴をすべて書き出す」です。

謙遜を美徳する日本人の文化で育ってきた人は、自分の強みを書き出すことに抵抗があるかもしれませんが、就活は「企業に自分を選んでもらう活動」です。

不必要に自分の能力を他人にひけらかす必要はありませんが、就活の場では自分の強みをしっかりアピールする必要があります。

自分の長所、特徴は最低でも10個は考えましょう。長所、特徴をすべて書き出したら、共通点のある長所、特徴を組み合わせることで、より具体的なキャッチコピーを作ることができます。

自分の長所、特徴を考えるのは意外と難しいですが、他の面接の質問でも活かせる内容なので時間をかけて、じっくり考えましょう。

ステップ2、インパクトのある表現に変換する

就活で使えるキャッチコピーの作り方ステップ2は、「インパクトのある表現に変換する」です。

選んだ自分の長所、特徴を誰でも理解できる表現に言い換えましょう。

  • スポンジ人間 どんな経験も吸収して成長できる
  • 〇〇県一の努力家 大袈裟な表現をあえて使い相手の興味を惹く
  • 小さな巨人 身長は低いが、広い心を持っている

など、聞いただけで意味が理解できるキャッチコピーの方が、評価は高くなります。

あまり深く考えすぎると逆に伝わりづらくなるので、友人と一緒に楽しみながら考えてもいいでしょう。

ステップ3、キャッチコピーの根拠、理由を言語化しておく

就活で使えるキャッチコピーの作り方ステップ3は、「キャッチコピーの根拠、理由を言語化しておく」です。

キャッチコピーが完成したら、選んだ理由や、キャッチコピーにまつわるエピソードを必ず用意しておきましょう。

また、完成したキャッチコピーが、企業の理念に反していないかも重要なポイントです。

企業がどんな人材を求めているかを研究して、自分のキャッチコピーと、それを選んだ理由が、「企業から見て魅力的かどうか」を確認しておきましょう。

周りと差がつくキャッチコピー例文10選

パソコン ノート ペン マグカップ

では、最後に長所、特徴が伝わりやすいキャッチコピーの例文を紹介していきます。

周りと差がつくキャッチコピー例文10選

例文①「昨日の自分がライバル」 過去に努力したエピソードを加えると、より説得力があります

例文②「〇〇県一のポジティブ人間」 どんな逆境でも、物事を前向きに捉えて行動できるから

例文③「チームの接着剤」 チームをまとめあげるマネージメント能力をアピール

例文④「舞台裏の主役」 どんな仕事でも全力で遂行する熱意

例文⑤「アクセル全開で考える人間」 行動力と、思考力を同時にアピール

例文⑥「努力が親友」 努力することが苦にならない

例文⑦「やると言ったら、死んでもやる」 強い信念も持って行動できる

例文⑧「匍匐前進の日本代表」 コツコツと成果を積み上げることが得意

例文⑨「チームを導く灯台」 周りの人を引っ張っていけるリーダーシップをアピール

例文⑩「責任感が私の主食」 責任感のある立場をしてきた経験から

なるべく言いたいことをコンパクトにまとめて、「聞いただけで人物像が伝わる」ことがキャッチコピーの鉄則です。

興味を惹こうと、ウケを狙いすぎると印象が悪くなることもあるので、注意しておきましょう。

就活のプロに添削してもらおう

どうしても自分のキャッチコピーが浮かばない人や、キャッチコピーに自信がない人は就活エージェントを利用しましょう。

就活エージェントには、新卒での就職支援を専門におこなっている就活のプロが、あなたの就活をサポートしてくれます。

基本的には就活に関する内容であれば、どんなことでも手伝ってくれるので、自己分析からキャッチコピーの作成まで無料で対応してくれます。

まとめ:いいキャッチコピーを作るには、自己分析が必要不可欠

記入 ノート 手書き

今回はキャッチコピーの必要性や作り方、周りと差がつく例文をお伝えしました。

「あなたのキャッチコピーを教えてください」と質問してくる企業のホンネは、「あなたの人物像を端的に教えてください」です。

自分がどんな人物で、どんな考え方をしていて、どんな強みがあるのか、を一言で伝えなければいけないので、キャッチコピーの作成には、精度の高い自己分析が必要になります。

今回は、キャッチコピーの作り方や、例文を紹介してきましたが、ここまで読んで、「作る自信がない」「誰かに手伝って欲しい」と思っている人は、就活エージェントの利用がオススメです。

Sponsored