無能でもできる仕事は?自分にあった仕事を探す方法

この記事を読んでいるあなたは、

  • 無能でもできる仕事はある?
  • 自分にあった仕事を教えて欲しい
  • 無能でも正社員になりたい!

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに「無能でもできる仕事や、自分にあった仕事を探す方法」をお伝えしていきます。

Sponsored

無能でもできる仕事

資料を眺める男性

自分のことを無能だと思っている人は、

  • 怒られてばかりで仕事が楽しくない
  • 頑張っても結果がでない
  • 上司にバカにされて悲しい

上記のような悩みから「仕事ができないのは無能だから仕方ない」と思っているかもしれませんが、それは自分にあった仕事を選べていないからかもしれません。

人それぞれに強み弱みがあり、自分に適した仕事があります。

「頭の回転が早い人は単純作業が苦手」な人が多かったり、「肉体労働が得意な人は論理的な考えをすることが苦手」など、必ずしも当てはまるわけではありませんが、人には得て不得手があるものです。

あなた想像する「仕事ができる人」にも必ず、苦手な仕事があります。

それでは、一般的には「無能」と呼ばれることが多い人に向いている仕事を紹介していきます。

工場ライン作業員

工場ライン作業員の仕事は、簡単な作業を繰り返しおこなう場合が多いので、自分で考えることが苦手な人でも、単純作業が苦にならない人であれば天職と言えます。

社員寮がある工場なら家賃も格安で抑えられるので、お金も溜まりやすいです。

また、工場での仕事ぶりが認められると、アルバイトやパートの人を管理する立場になるチャンスもあります。

施設警備員

警備員には、きつい仕事のイメージがあるかもしれませんが、実際はそうでもありません。

主な仕事内容は、

  • 施設の見回り
  • 監視カメラのチェック
  • 指定された場所の警備

など、難しい内容の仕事はあまりありません。

基本的には、何もないのが当たり前なので、危険な目に遭うリスクもほぼ無いと考えて問題ないでしょう。

不審者が現れたとしても、捕まえるのは警備員の仕事ではなく警察の仕事です。

フォークリフト作業員

フォークリフト作業員は、倉庫や工場での勤務が一般的です。

フォークリフトの運転には資格が必要ですが、事前に勉強が必要ないレベルの簡単なテストと、実技講習を1日受ければ誰でも取得できます

しかし、資格を持っていないとできない仕事であることは間違い無いので、現場では重宝されることも珍しくありません。

運転技術に自信がない人もいるでしょうが、フォークリフトは自動車の運転よりもはるかに簡単かつ安全な乗り物なので、あまり気負う必要はないでしょう。

配達員

新聞配達や宅急便の配達、ビザや軽食のデリバリーなど、運送業は需要が増えてきている業界の1つです。

業務は1人でおこなうことが多いので、コミュニケーション能力がなくても問題ありません。

最近ではUber Eatsなど、配達の件数によって報酬が決まる働き方も人気です。

どこかに所属するわけでもないですし、配達件数が少なくても誰かに迷惑がかかるわけでもないので、自由に自分のペースで仕事をしたい人にはオススメの働き方です。

清掃業

商業施設や、オフィスビルなどの掃除をするのが、主な仕事になります。

土日や夜間など、人の出入りが少ない日に作業をする場合が多いので、人との接触はあまりありません

少人数のチームで作業をすることもありますが、自分の担当している場所の仕事さえしていれば問題ないので、自由度の高い仕事と言えるでしょう。

深夜のオフィスビルを1人で掃除することも考えられるので、怖がりの人には向いていないかもしれません。

介護職

昔から人で不足で悩まされている業界なので、若い人であれば歓迎してくれる施設は多くあります。

基本的な業務は高齢者の日常生活のサポートなので、頭を使うような仕事はありません。

介護の仕事に役立つ資格は働きながらでも取得できますし、資格の勉強代や受講料を支給してくれる施設も多いです。

介護施設の現場で働く経験は、転職でも有利になるので、資格や実績が欲しい人には魅力的な仕事でしょう。

正社員を目指すなら

本気で正社員を目指して働くなら、就職エージェントを利用しましょう

就職支援のプロであるキャリアコンサルタントが、利用者に適した仕事の紹介から応募書類の作成や選考対策、メンタルサポートなど、どんな人でも自分にあった仕事を見つけることができます。

すべてのサービスが無料なので、まずは相談だけでもしてみることをオススメします。

以下の記事で、既卒や第二新卒、職歴なしに特化したおすすめの就活サイトをまとめているので、気になった人は参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 内定の無いまま卒業したけど、既卒にぴったりな就活サイトを知りたい 第二新卒におすすめの就活サイトはある? キャリアをやり直すにあたって参考になるサービスを知りたい上記のように考え[…]

自分が無能だと思うのは勘違い

落ち込む 男性 自宅 ソファ

あなたは本当に無能?

あなたはなぜ自分のことを、「無能」だと思っているのでしょうか?

自分のことを無能だと思っている人の、ほとんどは勘違いです。

上司や同僚のスキルと自分を比べて無能だと思っている人も少なくありませんが、初めから上手な人はいません。

できるようになるまで努力しているか、していないかの違いにすぎません。

どんなに努力しても、まったく成長しなければ「無能」と思っても仕方ないかもしれませんが、できるようになるまでの努力をしていないのであれば、それは無能ではなく努力を怠っているだけです。

「仕事ができない=無能」は間違い

今の職場で「仕事ができないヤツ」と思われている人でも、職場が変われば周りからの印象がガラッと変わることもあります。

有能か無能かの基準は人によって、それぞれです。

運動が嫌いな一流のプログラマーが肉体労働をすれば、その人は体力も力もない「仕事ができないヤツ」になるでしょう。

日本にある仕事の種類は、1万7000以上と言われています。

これだけあれば、自分にも向いている仕事がある気がしませんか?

無能でもフリーターはやめておきましょう

どうしても、「自分は無能だ」と思ってしまう人でも、フリーターの道を選ぶのはオススメできません。

フリーターと正社員には、大きな差があります。

  • 給与
  • 福利厚生
  • 待遇
  • 社会的信用度

など、正社員の方が圧倒的にメリットが多くあります。

日本の会社は、余程のことがない限りは正社員をクビにできないので、「自分は無能だ」と思っている人こそ正社員を目指すべきなのです。

会社には、「社員を守る義務」があります。

無能だからこそ正社員になって、会社に守ってもらいましょう。

自分に合った仕事を探す方法

デスク キーボード 資料 シフト

就職エージェントを利用しよう

自分にあった仕事を見つけたい人は、今すぐに就職エージェントを利用することをオススメします。

就職エージェントは、プロのキャリアコンサルタントが、就活を最後までサポートしてくれるサービスのことです。

求人情報を教えてくれるだけでなく、しっかりとカウンセリングをおこない、利用者1人ひとりに適した仕事を紹介してくれます。

ニートやフリーターに特化した就職エージェントもあるので、就活の知識や経験が、まったくない人でも問題ありません。

就職エージェントの、主なサービスは以下の通りです。

  • 就活の相談、カウンセリング
  • 企業紹介
  • 応募書類の添削
  • 選考対策
  • 入社後のアフターフォロー

これらのサービスをすべて無料で提供しているので、気になった人は相談だけでもしてみてはどうでしょうか?

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 内定の無いまま卒業したけど、既卒にぴったりな就活サイトを知りたい 第二新卒におすすめの就活サイトはある? キャリアをやり直すにあたって参考になるサービスを知りたい上記のように考え[…]

まとめ:誰にでも自分にあった仕事がある!

女性 ベット 睡眠

今回はを無能でもできる仕事や、自分にあった仕事を探す方法お伝えしました。

今の職場で無能と呼ばれている人でも、自分にあった仕事が必ずあります。

たまたま今の仕事が向いていなだけの可能性が高いので、あまり気にする必要はないでしょう。

日本にある仕事の種類は、1万7000以上と言われており、あなたの知っている仕事はごくごく一部です。

自分の力だけで探すのは限界があるので、就職エージェントを利用して、自分の特性が活かせる仕事を見つけてもらいましょう。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 内定の無いまま卒業したけど、既卒にぴったりな就活サイトを知りたい 第二新卒におすすめの就活サイトはある? キャリアをやり直すにあたって参考になるサービスを知りたい上記のように考え[…]

Sponsored